Suspended Organs (Bruise)

2014年

既製品の織物から引き抜いた糸、布にプリント、刺繍

400 × 500 × 60 cm

展覧会

「想像しなおし」展、福岡市美術館(福岡) 2014

六種類の既製品の織物を解いた後で取り出された赤い糸が、いつくもの房を形成しています。その赤い糸の房は薄い布を貫通していますが、その布の上には、様々な国の言語による「痣(あざ)」という言葉の定義がプリントされています。

Suspended Organs (Bruise)

Photo by

山中慎太郎

この作品を展示した展覧会